ブログ

運動器検診 正しくチェック出来ていますか???

【側弯の疑いで来店された高校生】

先週の事。

今年の運動器検診の調査票の記入時に
ご両親が異常に気付かれ、
当店へ姿勢分析検査に来られた高校生。
身体の痛みはありませんが、
問診により呼吸のしにくさや身体の使いにくさを
感じている事が分かりました。
身体の動きチェックでも
明らかな異常が認められました。
関節は十分に動きませんし、
バランスも悪いです。

簡単な側弯検出方法として腰を90度屈曲して頂き、
身体の後方から撮った写真が添付写真です。
明らかに左右の背中の高さが違います。
これだけの変化が急に起きたとは考えられません。

運動器検診は平成28年から小・中・高校で始まりました。
学校保健安全法によるものですから、
当然全国の小・中・高校生が対象です。
もちろん、この高校生も中学生時にも受けています。
では、何故このような大きな歪みがあるのに
過去2回は異常を指摘されなかったのでしょうか?

これだけの異常をスルーしてしまっていただなんて、
何のための検診なのでしょうか?

今年の検診で異常を感じたのは、ご両親でした。
ご両親はたまたま当店のイベントに参加され、
姿勢に関する知識を少し得られた事により、
子供さんの異常に気が付かれたのです。
そして、姿勢分析の検査を受けようと予約されたのです。

学校サイドで2年間もスルーされてきた事に
ご両親が気付かれた。。。
気付かれて良かったのですが、
何で??という気持ちが残ってしまいます。

側弯症。
早く発見されて適切な対応ができたら、
何事もなかったように成長可能です。
でも対応できなかったら、
将来に沢山の不安材料を抱えてしまいます。

せっかくの運動器検診。
正しくチェック、正しく検出して欲しいと思います。
子どもたちの将来のために!

*姿勢の専門家として
姿勢の出前講座しています。
*姿勢の専門家として、
無料相談会を開いています。
*姿勢の専門家として、
正しい運動器検診の検査方法をお教え出来ます。

この高校生の姿勢分析検査。
ご本人への結果のお伝えはこれからです。
異常に気付いて頂けて良かったです。
自分の未来、変えれるのは自分です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
姿勢。
単なる姿勢ではありません。
人生をも変えてしまう姿勢。
あなたも姿勢の専門家になりませんか?
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP