ブログ

通学カバン重すぎ!・・・・やっと理解されてきました!

以前から姿勢の仲間で「重すぎる通学カバン」について声を上げてきました。


私も学校での姿勢教室で「姿勢の歪みと通学カバンの関連性」を話してきました。
私が調べた中学校では、
通学カバン(リュック式)の重さが平均10㌔
プラスして部活の荷物があります。
しかもその荷物の背負い方がバランス悪く、
実際よりも余計に重くなる状況を作っていました。

学校の先生に置き勉が出来ないものか尋ねたり、
生徒さんには、上手なカバンの背負い方を指導したりしていました。

本日(2018年6月26日)のNHK NEWS WATCH9
子どもの荷物が重すぎる! ”置き勉”容認の学校も
・・・・・の特集がありました。


小学生の背負うランドセルの平均の重さが約7.7kgだとか!!


この背景には「脱ゆとり教育」の影響があり、
教科書サイズが大きく厚くなり、
教科書の種類が増えた事によるそうです。

・・・・・にしても、

 

        ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

その通りです!

広島市立牛田中学校の生徒さんがビデオを作成しました。

 


その重さはカバンと部活用具一式で18.4kg!!

 


取材記者さんが試しにカバンを背負い、
肩に荷物が食い込み、赤くなったとか。。

治療院には腰痛などで小学生が通院しているとの事。
しかも最近は低学年の児童も。

 


生徒さんと学校側との話し合いで
今年4月からは置き勉可能になりました!!

 


置き勉が可能になっても
家庭学習がおろそかになったことはなく、
両者が色々な面で考えられたことが良かったと
校長先生もコメントされています。

話し合い。
大切ですね。

何はともあれ良かったですが、
これが全国的な動きになってほしいと思います。

また、置き勉可能となったとはいえ、
荷物の背負い方は決して上手ではありません。
ひき続き姿勢教室で話していく必要はありそうですし、
皆で取り組まなければいけないと思います

10kgは1歳児の平均的な体重です。
私の調べた中学校の生徒さんは、
毎日毎日1歳児を背負って通学されているのです。

 

by 山﨑

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP